メイン

7.ダイビング本・雑誌 アーカイブ

2018.11.10  「DIVER2018年12月号」、本日11月10日(土)より発売~♪

日本近海の海は空きがベストシーズンとよく言われますが、伊豆海域では水中は視界を覆い尽くす魚の群れや、南方系のマクロアイドルたちなど、肌寒くなった陸上とはうってかわって熱い海のようですよ! ということで、本日発売の「DIVER」12月号では、「海はいつでもオンシーズン」と題して、石田ニコルさんがナビゲートするハワイや、冬の与那国島、石垣島、宮古島などをご紹介♪さらにプレミアムな器材や、フロリダのマナティなど盛りだくさんの内容です!最新号を一部ご紹介すると......


■石田ニコルがハワイをナビゲート
日本から年間100万人以上もの旅行客が訪れる一大リゾートアイランド、ハワイ・オアフ島。島の周囲を太平洋に囲まれ、美しい海やビーチがあることは知られていますが、観光都市のワイキキでダイビングできるの? 水中の様子は......?これまで詳しく伝えられてこなかったワイキキ沖の水中世界を、ハワイ州観光局親善大使に選ばれた、モデルの石田二コルがリポートします!


■冬だからこそ潜りたい 沖縄・伊豆・南紀
夏のイメージがあるスクーバダイビング。じつは冬だからこそ潜ってほしい理由があります。水温が下がるのと反比例して、透明度はグングン上昇。大物や深海魚の登場に胸を躍らせ、スコンと抜けた真っ青な海中世界で地形ポイントを楽しむ。「寒いから......」と遠のきがちな冬の海を今こそ体感しましょう!


■ピースフル! マナティーに会いにいく
フロリダ・クリスタルリバーは、絶滅危惧種の野生のマナティーと間近でふれあえる特別な場所。まあるい体、つぶらな瞳、愛嬌ある仕草。冬、温かな泉に集まるマナティーたちと過ごす平穏な時間に、あなたも虜になること間違いなし!


・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!


最新号のご案内はこちらからチェック


ダイバーオンラインの 「裏ダイバー」 では、取材秘話も公開中! 雑誌片手に、HPを見れば楽しさ倍増ですよ!


月刊ダイバー 2018年12月号のご購入はこちらから!


    


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.10.10  「DIVER2018年11月号」、本日10月10日(水)より発売~♪

10月に入り、日中もだいぶ涼しくなって季節が移り変わってきましたね。秋は透明度も上がり、水温も下がらずまさにダイビングのベストシーズン! ということで、本日発売の「DIVER」11月号では、「海の楽しみ無限大」と題して、海に関するイベントやコミュニティ、識者のかたをご紹介♪ 今まで知らなかったダイビングスタイルや遊び方を発見できるかも!? 最新号を一部ご紹介すると......


■ドルフィンスイムが描く幸せのスパイラル
イルカと目が合う、いっしょに泳ぐ......そんなスペシャルな体験ができるバハマと御蔵島で毎年仲間を募り、ドルフィンスイムツアーが行われています。イルカと戯れるハッピーなひと時、仲間たちとの絆、幸せのスパイラルが巻き起こるドルフィンスイムを紹介!


■モルディブの人気ポイントを巡るダイブクルーズ
モルディブで人気の日本人ガイドのカオリータ率いるガイド集団〈モルディビアンスターズ〉。彼らの運営するダイブクルーズは「ダイブサファリ」と呼ばれ、日本人ダイバーに選ばれています。今回は水中写真家の鍵井靖章さんが、フォトセミナーを開催しながらゲストとともに乗船。参加者にも感想を聞いてみたので、行く前にぜひ参考にしてみてください。


■ニューカレドニアでマンタの名付け親になる方法
マンタが大好き、そんなマンタフリークが押さえておきたい場所の 1つにニューカレドニアがあります。なんとマンタの名付け親にもなれる可能性も!今回はニューカレドニアのマンタ事情と、名付け親になる方法について、ヌメアにあるダイビングサービスの〈アリゼ〉の寺田さんが教えてくれました。


・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!


最新号のご案内はこちらからチェック


ダイバーオンラインの 「裏ダイバー」 では、取材秘話も公開中! 雑誌片手に、HPを見れば楽しさ倍増ですよ!


月刊ダイバー 2018年11月号のご購入はこちらから!


    


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.09.10  「DIVER2018年10月号」、本日9月10日(月)より発売~♪

夏休みシーズンは終わってしまいましたが、水中世界はまだまだ夏です! ということで、本日発売の「DIVER」10月号は、本誌初登場の桐山照史さんと奄美大島ロケ、写真家竹沢うるまさんが撮る碧流の島 久米島、直行便が就航し、大注目のチューク、週末に行ける東京の楽園 八丈島、秋の魚群シーズン開幕 西伊豆・田子など、「いとしのグランブルー」をテーマに5つのスポットをご紹介!


また、「ぐらんぶる」の声優陣が東伊豆・川奈へDIVE! 洞窟探検家・吉田勝次さんが撮る絶景の洞窟、モルディブのこの夏オープンした新リゾート、写真家・中村卓哉さんが撮る ー辺野古ー 海と森がつなぐ命 など盛りだくさんでお届けします!


最新号を一部ご紹介すると......


■ジャニーズWEST 桐山照史 神秘の奄美ブルーを巡る
鹿児島と沖縄本島の間に位置する奄美大島。東京から直行便で約2時間、気軽にアクセスできる上に多様な水中環境を見せてくれる奄美ブルーの海は、これまでも多くのダイバーを魅了してきました。さらに、話題の「ミステリーサークル」が、南部のみならず北部の海でもじょじょに観察・解明されるなど、今や世界中のダイバーが注目する海。そんな奄美大島に、今、芸能界でもっともアツいダイバー、桐山照史さんが初ダイブ!


■「ぐらんぶる」ワールドを体感せよメインキャストが川奈へ DIVE!
7月から放送がスタートした青春ダイビングアニメ「ぐらんぶる」の特別企画、「この海が、俺らを呼んでいるーぐらんぶるワールドを体感せよ! ー」。原作の舞台となった東伊豆・川奈の海で、メインキャスト4 人が体験ダイビングにチャレンジ !9月28日からリリースされるBlu-ray&DVD 映像特典の収録ロケに密着しました。


■中村卓哉 ―辺野古― 海と森がつなぐ命
普天間基地の移設予定地として注目を浴びることとなった「辺野古」。17年間その地に通い、豊かな自然を写真に収めてきたのが中村卓哉さんです。やんばるの森から川、干潟、そして海へ。命のつながりをまとめた写真集が、この秋、発売になりました。


・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!


最新号のご案内はこちらからチェック


ダイバーオンラインの 「裏ダイバー」 では、取材秘話も公開中! 雑誌片手に、HPを見れば楽しさ倍増ですよ!


月刊ダイバー 2018年10月号のご購入はこちらから!


    


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.08.10  「DIVER2018年9月号」、本日8月10日(金)より発売~♪

みなさん、こんにちは。8月も中盤に差し掛かり、夏休みをエンジョイしている方も多いと思います。明日くらいからお盆休みという方も多いのでしょうか? 沖縄方面へは台風14号が近づいてきております。皆様、お気を付け下さい。


本日発売の「DIVER」9月号は、「フィリピンで夏休み」をテーマに個性豊かなダイビングポイントが揃うフィリピンにフィーチャーしました。Instagramで活躍中のワールドトラベラー、maakoさんのセブ・マクタン&モアルボアルの旅に始まり、ロンブロン島、コロン、西内ひろさんのフィリピンきれい旅など盛りだくさん!国内では柏島、石垣島、和歌山 日高・須江、葉山、三宅島、西川名、帆船『みらいへ』など大特集!最新号を一部ご紹介すると......


■ワールドトラベラー maako流セブ・マクタン&モアルボアル旅
約7,100もの島々からなるフィリピンで、人気No.1のリゾートアイランド、セブ島。直行便で約4時間半という安近短ながら、癒し度×興奮度は想像以上!中でも人気のマクタン&モアルボアルへ、Instagramで活躍するワールドトラベラーのmaakoがガールズトリップ。SNSを飛び出して、セブ島での夏休みを思いっきりエンジョイしました。


■湧きたつ命を育む魔法の海 柏島
写真家・鍵井靖章さんが、十数年ぶりに四国の南西端、柏島を訪ねました。珍種稀種にググッと寄るマクロ写真や生態シーンで知られる海で、ワイドの面白さも追求。独自の視点で柏島の奥深き魅力をフォトリポートしてくれました。


■帆船『みらいへ』とともに航海へと旅立とう!
日本で唯一、一般の観光客も乗ることができる帆船、『みらいへ』。今回初の試みで、その『みらいへ』を利用したダイバーのためのツアーが開催されました。神戸港を出発し、和歌山県白浜町でのスノーケリング&ダイビング、そしてセイリング体験までも楽しめる2泊3日の旅を大公開します !


・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!


最新号のご案内はこちらからチェック


ダイバーオンラインの 「裏ダイバー」 では、取材秘話も公開中! 雑誌片手に、HPを見れば楽しさ倍増ですよ!


月刊ダイバー 2018年9月号のご購入はこちらから!


    


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.07.10  「DIVER2018年8月号」、本日7月10日(火)より発売~♪

このたびの大雨で被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げますとともに、皆様の一日も早い復興をお祈り申し上げます。


いよいよダイビングのハイシーズン突入!ということで、本日発売の「DIVER」8月号は、「憧れのあの島へ」をテーマにこの夏オススメしたい旬の島を8つ紹介しています。


巻頭特集のフィジーは7月から、チュークは9月から直行便が運行する注目の旅先です。また、ダイナミックなダイビングを楽しめる慶良間諸島&粟国島、久米島、石垣島、佐渡島、御蔵島、伊豆大島など盛りだくさんの内容です!さらに「DIVING START BOOK」も別冊付録としてついてきます! 最新号を一部ご紹介すると......


■7月から直行便就航 南太平洋の楽園 フィジー
333もの島々からなる国、フィジー。それぞれのエリアに数多くのリゾートが点在する南太平洋の一大リゾートアイランドです。そんなリゾートの楽園フィジーに、この夏、日本からの直行便が9年ぶりに復活することになりました。身近になったフィジーの今に迫ります。


■成田空港から直行便で4時間半!チューク、魅惑の休日
太平洋に浮かぶミクロネシア連邦4州のうちの1つ、チューク。夢のような無人島体験ができる海として、世界屈指のレックポイントとして多くのダイバーたちから熱視線を浴びるチュークに9月1日から直行便が就航予定です。ここにしかない魅力を探しに、今年こそチュークへ!


■THE ダイナミック慶良間諸島&粟国島
世界屈指の透明度を誇る、美しい慶良間の海。誰もが思い描くのは、のんびりとした穏やかな海でのダイビングではないでしょうか。その一方で、年々人気を博しているのが、中・上級者向けに開拓された離島の外洋ポイントです。スキルと体力を有するベテランダイバーだけが目の当たりにできる、大迫力の絶景をとくとご覧ください。また、今回は古見きゅうカメラマンの「9CHANnel」でも動画公開しています。こちらも必見ですよ! 


■祝・日本記録更新!フリーダイバー・木下沙佑里さんインタビュー!
ファーブル・ルーバのブランドアンバサダーでもあり、圧倒的な実力で世界の舞台で戦い続けるフリーダイバー・木下沙佑里さん。2018年5月、FIM(フリーイマージョン)種目において日本記録の-86mを樹立した木下さんにお話を伺いました!またNHK WORLDの出演も決定!


■NO DIVE NO LIFE ダイビングアニメ「ぐらんぶる」声優・川田紳司さん
好評連載企画NO DIVE NO LIFEでは7月から放送が始まるダイビングアニメ「ぐらんぶる」で、ダイビングショップ店長の声を務める川田紳司さんのインタビューも掲載しています!アニメの放送とあわせてチェックですよ!


・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!


最新号のご案内はこちらからチェック


ダイバーオンラインの 「裏ダイバー」 では、取材秘話も公開中! 雑誌片手に、HPを見れば楽しさ倍増ですよ!


月刊ダイバー 2018年8月号のご購入はこちらから!


    


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.06.09  「DIVER2018年7月号」、本日6月9日(土)より発売~♪

梅雨のない北海道以外はほぼ梅雨に入り、いよいよ夏が近づいてきましたね。来年のゴールデンウィークは10連休とのことですが、そろそろ予約も取れるようになります。ぜひお早めにご検討いただければと思います。


本日発売の「DIVER」7月号は、「テラスハウス」にも出演していた画家のフランセス・スィーヒさんによるケラマ・阿嘉島を筆頭に、沖縄を愛する沖縄 LOVERが大集結! それぞれにお気に入りの沖縄を紹介します!


また、度肝を抜かれる大物と地形のソコロ、手付かずの海とナチュラルリゾートに魅せられるソロモン・ウエピ島、神津島、三宅島、仙台&女川のCLUB DIVERツアーリポートなど、盛りだくさんでお届けします! 最新号を一部ご紹介すると......


■画家 フランセス・スィーヒ 阿嘉島がくれた宝物
麗しきサンゴ礁と魚たち、豊かな自然と島時間、慶良間諸島・阿嘉島は、心躍る小宇宙のよう。ここに、かねてから念願だったCカード取得を果たすべく、フランキーこと、画家のフランセス・スィーヒさんが来島。大自然のアートに魅せられ、新しい自分を見つける旅が始まります。


■ワイルドダイブ アドベンチャー ソコロ
中米メキシコのはるか南西沖、太平洋上に浮かぶレビジャヒヘド諸島(通称ソコロ)は、一昼夜かけてダイブクルーズで向かう絶海の島々、究極のダイビングエリアです。「ジャイアントマンタ」と称される巨大なマンタ、サメ、イルカ、ときにはザトウクジラが! エキスパートが目指す海で、人智を超える大自然を体感せよ!


■みちょぱ 本気でダイバーデビュー
ティーンから圧倒的な人気を誇り、モデル、タレントとマルチに活躍しているみちょぱさん。「昔から海は大好きで、昨秋セブ島でジンベエスイムと体験ダイビングもしたばかり。ダイバーの友達も多いからいつも羨ましくて」。このたび念願のダイバーデビューを果たしました。高い指導力に定評のあるSNSIのプログラムで、次世代のカリスマダイバーを目指します!


・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!


最新号のご案内はこちらからチェック


ダイバーオンラインの 「裏ダイバー」 では、取材秘話も公開中! 雑誌片手に、HPを見れば楽しさ倍増ですよ!


月刊ダイバー 2018年7月号のご購入はこちらから!


    


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.05.10  「DIVER2018年6月号」、本日5月10日(木)より発売~♪

今日は先日行いましたアニラオツアーのメンバーさんと反省会をしてきました。ドイツ料理屋さんにお伺いをしたのですが、そこのオーナーもこの夏ライセンスを取られるということで、ダイビングの輪が広がりうれしい限りです!


さて、本日発売の「DIVER」6月号は「もっと旅しよう」と題し、知られざるメキシコ ロス・カボスの特集を筆頭に、世界の人気ダイブサイトを網羅した1冊です。各エリアの見どころや、シーズナリティも掲載されている保存版ですので、ぜひゲットしてください! さっそく、最新号を一部ご紹介すると......


■知られざる野生の宝庫 ロス・カボス
メキシコの人気のダイビングサイトといえば、ラ・パスやカンクンが有名ですが、カリフォルニア半島の最南端に位置するロス・カボスもまた、野生の宝庫として世界中から注目されるエリアです。まだまだ日本人には知られていないロス・カボスの自然、リゾート、文化、町を訪ねます。


■穴場中の穴場ポイント 小田原・石橋
江戸時代には富士、箱根、伊豆につながる「関東の玄関口」として栄えた小田原。時を経て、梅や桜などが観光客を魅了する場所としても有名ですが、程近い場所にある石橋では、今の時期にしか見られない壮大な水中景観と、小さな生き物たちがダイバーを待っています!


■俺の見せたい海 恋する石垣島
石垣島の魅力を伝え続けている本企画の今年のテーマは、各ショップが、「今、見せたいシーン(生き物や風景など)」。初回は、こだわりも多様な3店が写真家・杉森雄幸さんを案内する。


・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!


最新号のご案内はこちらからチェック


ダイバーオンラインの 「裏ダイバー」 では、取材秘話も公開中! 雑誌片手に、HPを見れば楽しさ倍増ですよ!


月刊ダイバー 2018年6月号のご購入はこちらから!


    


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.04.10  「DIVER2018年5月号」、本日4月10日(火)より発売~♪

今日で2018年も100日だそうです。本当に早いものですね... ゴールデンウィークもすぐそこです!


本日発売の「DIVER」5月号は、「サンゴの楽園、沖縄」と題し、人気グループ「超特急」のユースケさん&タカシさんがナビゲートする久米島をはじめ、西表島、石垣島、慶良間諸島、宮古島などをご紹介。人気インスタグラマーから教えてもらった絶景サンゴ礁撮影ポイントにも注目です!


さっそく、最新号を一部ご紹介!


■サンゴの楽園、沖縄 Part.1 
「超特急 ユースケ&タカシ INTO THE OCEAN久米島」
見渡す限り何キロも続くホワイトサンドビーチに、透き通るコーラルブルーが広がる海。久米島の壮麗な美しさは琉球列島でもひときわと称され、琉球王朝時代から「球美の島」と呼ばれてきました。那覇から飛行機で約30分、沖縄本島の北西約100kmに浮かぶ自然豊かなこの島へ、人気グループ「超特急」のユースケさん&タカシさんが初上陸。滞在中にダイバーデビューを果たし、魅惑のダイビングライフへいざ、出発!


■砂漠の国でエキゾチックダイブ レッドシー
ピラミッド、スフィンクス、王の墓......。紀元前3000年から続く壮大なる歴史遺産の国、エジプト。国土の90%は砂漠、臨む海は透明感際立つ紅海、ラクダが闊歩し、見慣れぬアラビア文字、異国情緒あふれるこの地でエキゾチックスタイルの旅をお楽しみください。


■東洋の神秘、スリランカを旅する
スリランカは、その美しさから、古くはマルコ・ポーロが愛した島ともいわれ、2010年にはニューヨークタイムズ誌で「訪れるべき国第1位」に選ばれました。小さな国でありながら、太古の大自然と伝統文化を現代に残し、数多くの世界遺産を有しています。その秘められた魅力に迫ります!


・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!


最新号のご案内はこちらからチェックを


ダイバーオンラインの 「裏ダイバー」 では、取材秘話も公開中! 雑誌片手に、HPを見れば楽しさ倍増ですよ!


月刊ダイバー 2018年5月号のご購入はこちらから!


    


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.03.10  「DIVER2018年4月号」、本日3月10日(土)より発売~♪

3月に入り、ここ名古屋もだいぶ春めいてきました。名古屋の桜の開花予報は3月22日、待ち遠しいですね♪ 


さて、本日発売の「DIVER」4月号は、ダイバー人気の高いタイの大特集! 初登場の大沢たかおさんが行くクラビ&トランをはじめ、シミランクルーズ、タオ島、サムイ島、プーケットなどの情報を一挙紹介しております。今年のタイ計画にお役立てください! さらに国内のユニークなポイントや、最新トレンド器材などもお見逃しなく! ここで一部ご紹介......


■大人が愛でるタイ PART.1 大沢たかお タイの隠れ家 クラビ&トラン
タイには、77もの個性豊かな都県があります。今回訪れたのはマレー半島の中央に位置するクラビ県とトラン県。かつてはプーケットから陸路でアクセスしていましたが、1999年、クラビに空港がオープンし、首都・バンコクから空路で結ばれたことで世界中から観光客が訪れるようになりました。しかし、まだ日本人には知られていない隠れ家的ビーチリゾート。大沢たかおさんにとって4度目のタイ、新たなる魅力発見の旅が始まります!


■アジアでいちばん若い国 東ティモールを旅する
2002年5月に独立を果たした、アジアでいちばん若い国が東ティモールです。国土の多くは山、道路の整備もこれからですが、自然と密接に生きる人々の暮らしと太古から変わらない海があります。発展途上の地を行く旅に、魅力は尽きません。


■個性的なポイントが目白押し! 千葉・波左間
東京からアクアラインを渡って約2時間と好アクセスでありながら、他では味わえないちょっと変わったダイビングが楽しめる海、波左間。コブダイやマンボウなどの大物をはじめ、水中ドームや海中神社、巨大漁礁など......ここを潜らずして、ダイビングを語ることなかれ!


・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!


最新号のご案内はこちらからチェックを


ダイバーオンラインの 「裏ダイバー」 では、取材秘話も公開中! 雑誌片手に、HPを見れば楽しさ倍増ですよ!


月刊ダイバー 2018年4月号のご購入はこちらから!


    

★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.02.10  「DIVER2018年3月号」、本日2月10日(土)より発売~♪

2月に入り冬も本格的になってきましたね... 毎日のように大雪情報が報道等で伝えられますが、そんな時こそ暖かい海を思い浮かべましょう!


本日発売の「DIVER」3月号は、「ごほうびトリップ」と題し、石田ニコルさんがナビゲートするニューカレドニアをはじめ、海も陸も楽しめる旅先をご紹介! さらに、パラオの離島旅、NHKが世界で初めて撮影に成功した南極大陸の奇跡の湖、最新の「バイオロギング」で解明された海洋生物の真実、NEWオープンした三浦のボートポイント、など、海への思いや、好奇心をくすぐる内容盛りだくさんでお届けします!


ここで一部紹介します。


■石田ニコル ニューカレドニア・ヌメア
日本から直行便で約8時間、南太平洋に浮かぶ珠玉の楽園ニューカレドニア。 真っ白なビーチ&目の覚めるような蒼い海という美しい景色はもちろんのこと、海洋調査では15,000種もの生物が確認され、その豊かさは折り紙つき! さらに植物の8割が固有種ともいわれる森は赤土で彩られ、まるで別世界。 癒やしだけでなく、刺激あふれたニューカレドニアに、モデル石田ニコルさんが初トリップ!


■カープ&ペリリュー パラオの離島がステキ過ぎる!
海を眺めながら、のんびり。気が向いたらふらりと海辺や森を散策。パラオの定番スタイル「コロール滞在」では味わえない、素朴でまったり、あったかい旅が離島にはあります。これが同じパラオ? 島を訪れたらきっとそう思うはず。そしてその心地よさが癖になること間違いなし!


■バイオロギングで解明する、海洋生物の知られざる真実
どんなに海に焦がれるダイバーでも、海の世界を知るには限界があります。小型の記録計やカメラを野生動物に取り付けて、未知なる海の世界の真実を解き明かす、最新技術「バイオロギング」。そのパイオニアである渡辺佑基さんにうかがった、サメたちの真の姿とは?


・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!


最新号のご案内はこちらからチェックを


ダイバーオンラインの 「裏ダイバー」 では、取材秘話も公開中! 雑誌片手に、HPを見れば楽しさ倍増ですよ!


月刊ダイバー 2018年3月号のご購入はこちらから!


    


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


About 7.ダイビング本・雑誌

ブログ「ダイビングツアーBlue Diversブログ|世界の海を制覇!」のカテゴリ「7.ダイビング本・雑誌」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは6.イベント情報です。

次のカテゴリは8.ダイビング全般です。