2018.06.09  「DIVER2018年7月号」、本日6月9日(土)より発売~♪

梅雨のない北海道以外はほぼ梅雨に入り、いよいよ夏が近づいてきましたね。来年のゴールデンウィークは10連休とのことですが、そろそろ予約も取れるようになります。ぜひお早めにご検討いただければと思います。


本日発売の「DIVER」7月号は、「テラスハウス」にも出演していた画家のフランセス・スィーヒさんによるケラマ・阿嘉島を筆頭に、沖縄を愛する沖縄 LOVERが大集結! それぞれにお気に入りの沖縄を紹介します!


また、度肝を抜かれる大物と地形のソコロ、手付かずの海とナチュラルリゾートに魅せられるソロモン・ウエピ島、神津島、三宅島、仙台&女川のCLUB DIVERツアーリポートなど、盛りだくさんでお届けします! 最新号を一部ご紹介すると......


■画家 フランセス・スィーヒ 阿嘉島がくれた宝物
麗しきサンゴ礁と魚たち、豊かな自然と島時間、慶良間諸島・阿嘉島は、心躍る小宇宙のよう。ここに、かねてから念願だったCカード取得を果たすべく、フランキーこと、画家のフランセス・スィーヒさんが来島。大自然のアートに魅せられ、新しい自分を見つける旅が始まります。


■ワイルドダイブ アドベンチャー ソコロ
中米メキシコのはるか南西沖、太平洋上に浮かぶレビジャヒヘド諸島(通称ソコロ)は、一昼夜かけてダイブクルーズで向かう絶海の島々、究極のダイビングエリアです。「ジャイアントマンタ」と称される巨大なマンタ、サメ、イルカ、ときにはザトウクジラが! エキスパートが目指す海で、人智を超える大自然を体感せよ!


■みちょぱ 本気でダイバーデビュー
ティーンから圧倒的な人気を誇り、モデル、タレントとマルチに活躍しているみちょぱさん。「昔から海は大好きで、昨秋セブ島でジンベエスイムと体験ダイビングもしたばかり。ダイバーの友達も多いからいつも羨ましくて」。このたび念願のダイバーデビューを果たしました。高い指導力に定評のあるSNSIのプログラムで、次世代のカリスマダイバーを目指します!


・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!


最新号のご案内はこちらからチェック


ダイバーオンラインの 「裏ダイバー」 では、取材秘話も公開中! 雑誌片手に、HPを見れば楽しさ倍増ですよ!


月刊ダイバー 2018年7月号のご購入はこちらから!


    


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.05.29  【チュークが近くなります!】2018年9月1日(土)より成田-チューク線 就航します!

今日はまたまたうれしいニュースです! 特にジープ島ファン、レックダイビングファンの皆様、注目ですよ!


現在、水・土曜日の週2便成田-パプアニューギニア・ポートモレスビー間を運航をしているパプアニューギニアのニューギニア航空が、9月1日土曜日(予定)から途中チュークを経由することになり、成田-チューク-ポートモレスビーの運航になることが決まりました!


プレスリリースは以下の通りです!


  ⇒ チューク就航のご案内.compressed.jpg


チューク線は、成田国際空港からは42ヶ国目の就航国となります。チュークはフジテレビ・世界絶景100選で第1位となった「ジープ島」や無人島宿泊体験を始め、野生のイルカと泳げる等世界でも数少ないネイチャー&アドベンチャーリゾートといわれています。また、世界一!?とも言われるレック(沈船・沈飛行機)ダイビングを始め、スノーケラーも楽しめる透明度50m以上のキミシマ環礁等、幅広い世代が楽しむことができるリゾートアイランドです。


今までユナイテッド航空でグアム経由でしか行くことのできなかったチュークですが、皆さん毎度毎度言われるのがグアム空港の乗継の煩雑さ... ニューギニア航空のチューク直行便が就航することにより、この煩雑さが解消されます! これは大きいですよ!


暫定のフライトスケジュールは以下の通りです。(政府許認可待)
日本発水・土曜日 PX057 成田(21:35)→ チューク(03:25+1/04:25+1)→ ポートモレスビー(07:25+1)
日本着水・土曜日 PX056 ポートモレスビー(12:35)→ チューク(15:35/16:35)→ 成田(20:25)


成田からフライトタイム4時間半で行けるようになる「ミクロネシア・チューク」で、他では味わうことのできない体験をお楽しみください。そして、最短2泊4日から楽しめるチューク&ジープ島にぜひご期待ください!


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.05.23  【成田発着】2018年9月 JALパラオチャーター 日程決定&前受予約開始します!

今日は2018年9月のJALパラオチャーターの日程が決定しましたので、ご案内させていただきます! 早速本日よりご予約受付いたします!


今回も成田発着のみの設定となり、9月12日(水)、9月16日(日)、9月20日(木)の3便で、3便とも4泊5日の【往復昼便運航】のデイランパターンとなります。中3日まるまる滞在できますので、ダイバーさんにはとっても嬉しいですよね! また、今回の使用機材は、B767-300ER型での運航予定となります。


スケジュールですが...
 1. 2018年9月12日(水)~2018年9月16日(日) 成田発着 4泊5日
 2. 2018年9月16日(日)~2018年9月20日(木) 成田発着 4泊5日
 3. 2018年9月20日(木)~2018年9月24日(月) 成田発着 4泊5日


ご予約は本日2018年5月23日(水)より開始いたします! 金額発表は明日5月24日(木)ごろ、前受予約のご回答は来週5月28日(月)以降を予定しております。


なお、トラベルプロ・ブルーダイバーズではダイビングのお手配もさせていただきます。ほとんどのショップさんとお取引がありますので、是非合わせてお申し付けください。またダイビングショップさんやダイビングサークルさん向けの特別料金もございますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。


9月はJALパラオチャーター便でパラオにひとっとび!


PALAU PHOTO (1).jpg


PALAU PHOTO (2).jpg


PALAU PHOTO (3).jpg


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.05.10  「DIVER2018年6月号」、本日5月10日(木)より発売~♪

今日は先日行いましたアニラオツアーのメンバーさんと反省会をしてきました。ドイツ料理屋さんにお伺いをしたのですが、そこのオーナーもこの夏ライセンスを取られるということで、ダイビングの輪が広がりうれしい限りです!


さて、本日発売の「DIVER」6月号は「もっと旅しよう」と題し、知られざるメキシコ ロス・カボスの特集を筆頭に、世界の人気ダイブサイトを網羅した1冊です。各エリアの見どころや、シーズナリティも掲載されている保存版ですので、ぜひゲットしてください! さっそく、最新号を一部ご紹介すると......


■知られざる野生の宝庫 ロス・カボス
メキシコの人気のダイビングサイトといえば、ラ・パスやカンクンが有名ですが、カリフォルニア半島の最南端に位置するロス・カボスもまた、野生の宝庫として世界中から注目されるエリアです。まだまだ日本人には知られていないロス・カボスの自然、リゾート、文化、町を訪ねます。


■穴場中の穴場ポイント 小田原・石橋
江戸時代には富士、箱根、伊豆につながる「関東の玄関口」として栄えた小田原。時を経て、梅や桜などが観光客を魅了する場所としても有名ですが、程近い場所にある石橋では、今の時期にしか見られない壮大な水中景観と、小さな生き物たちがダイバーを待っています!


■俺の見せたい海 恋する石垣島
石垣島の魅力を伝え続けている本企画の今年のテーマは、各ショップが、「今、見せたいシーン(生き物や風景など)」。初回は、こだわりも多様な3店が写真家・杉森雄幸さんを案内する。


・・・他、魅力的な内容が盛りだくさん!


最新号のご案内はこちらからチェック


ダイバーオンラインの 「裏ダイバー」 では、取材秘話も公開中! 雑誌片手に、HPを見れば楽しさ倍増ですよ!


月刊ダイバー 2018年6月号のご購入はこちらから!


    


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.05.02  【5月18日までのお申込み限定!】 パラオスポート号 2018年 トゥバタハリーフクルーズ サンキュー割のご案内!

先日ご案内させていただきました毎年大人気のトゥバタハリーフクルーズですが、本年度最終航海の「2018年6月16日(土)~6月22日(金) 6泊7日 ※セブ下船」の日程に関しまして、サンキュー割(割引)を設定させていただきました!!


通常のご案内(パンフレット)はこちらですが、記載の金額からお一人様20,000円割り引きさせていただきます! 但し、お申込期間は2018年5月18日(金)までの限定となり、すでにご予約済みの方は対象外となります。


 → Tubbataha2018.jpg


クルーズ代金には、宿泊(2~4名部屋<各部屋にトイレ・シャワー付>)、ウエルカムドリンク、全食事(アフタヌーンスナックを含む)、24時間ドリンクサーバー、マンゴー&バナナ食べ放題、日中のダイビング(最大17~18ダイブ)が含まれます。


その他、ナイトダイビングやナイトロックスの利用はオプションでの対応となります。また、トゥバタハ海洋公園使用料(2018年度: US$100またはPHP5,000)、環境保護区税&オスロブダイブ(US$50)と燃油サーチャージが現地で必要となります。


クルーズの行程は以下の通りです。(予告なく変更になる場合があります。)
※フィリピン国内線の遅延が多いため、プエルトプリンセサに前日入りされることをお勧めいたします。
1日目: 日本各地からプエルトプリンセサ空港へ。港へ送迎後、乗船。夜、トゥバタハリーフに向けて出港
2~3日目: トゥバタハリーフ北・南環礁にて4ダイブ
4日目: トゥバタハリーフ南環礁にて4ダイブ。その後、カガヤンシリオヘ
5日目: カガヤンシリオ周辺にて3ダイブ
6日目: オスロブでのジンベエザメ1ダイブ&スミロン島周辺にて2ダイブ。その後、セブへ
7日目: 朝食後、下船。日本各地へ


クルーズの行程の詳細は、2015年6月6日~13日のトゥバタハリーフツアー報告をご参照ください。
トゥバタハリーフクルーズツアー報告 第1・2日目
トゥバタハリーフクルーズツアー報告 第3日目
トゥバタハリーフクルーズツアー報告 第4日目
トゥバタハリーフクルーズツアー報告 第5日目
トゥバタハリーフクルーズツアー報告 第6日目
トゥバタハリーフクルーズツアー報告 第7・8日目


今年度のトゥバタハリーフの潜り納めのクルーズとなります。期間限定のこの企画、ぜひお早めにご検討、ご予約下さい!


★パラオ、トゥバタハ、セブのクルーズは 「パラオスポート」 にお任せ! ホームページはこちら!


    img_001_header_left.jpg


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.04.27  【パラオスポート号で行く!】 期間限定! フィリピン・マラパスクワ周辺クルーズ6日間! ショップさん割引もあります!

今日はパラオスポート号のフィリピン・マラパスクワクルーズのご案内です!


パラオスポート号は現在行っております3月下旬~6月の「トゥバタハクルーズ」の後、【セブ マラパスクワクルーズ】を展開いたします!


マラパスクワといえば... そう! ニタリザメです! ダイバーが「一度は見たい!」「撮りたい!」と思っている美しすぎる尾長サメです。


陸路ではアクセスが悪く行きにくい場所(それでも10年ほど前と比べれば格段に行きやすくなりましたよ!)ですが、パラオスポート号のクルーズなら寝ている間にマラパスクワに到着! 目覚めるとそこは「マラパスクワ島がすぐそこ!」なんです!


ニタリザメとの遭遇率は100%ではありませんが、「高遭遇率」で見られるマラパスクワ島! 今年は夏休み期間にばっちりはまった7月下旬~8月のお盆明けまでの5航海6日間とご参加いただきやすいスケジュールになりました!


既にクルーズ代金は発表されておりますので、ツアー代金等はご相談ください。ショップさん割引はゲスト3名様以上でご案内可能です! 万が一ゲスト3名様に満たない場合にはご相談ください! 


クルーズ代金には、セブ空港-セブヨットクラブ間送迎、宿泊(2~4名部屋<各部屋にトイレ・シャワー付>)、ウエルカムドリンク、全食事(アフタヌーンティーを含む)、下船日の朝食、24時間ドリンクサーバー、日中のダイビング(15ダイブ)が含まれます。


乗船料に含まれないものは航空券代金、一人部屋追加代金、環境保護区税、マラパスクワクルーズ入島税(現状:US$30)が現地で必要となります。その他、ナイトダイビングやナイトロックスの利用はオプションでの対応となります。


2018年 パラオスポート号 マラパスクワクルーズの日程は以下の5航海となります。
①7月21日(土)~7月26日(木) 6日間 15ダイブ
②7月28日(土)~8月02日(木) 6日間 15ダイブ
③8月04日(土)~8月09日(木) 6日間 15ダイブ
④8月11日(土)~8月16日(木) 6日間 15ダイブ
⑤8月18日(土)~8月23日(木) 6日間 15ダイブ
現状、全クルーズとも若干の空きがございます。


クルーズの参考スケジュールは以下の通りです。(予告なく変更になる場合があります。)
1日目: 日本各地発 -<直行便またはマニラ乗換> → セブ空港へ。
      22:00頃、出航
2日目: マラパスクワ島周辺にて4ダイブ
3日目: マラパスクワ島周辺にて4ダイブ
4日目: マラパスクワ島周辺にて4ダイブ
5日目: マラパスクワ島周辺にて3ダイブ後、セブへ移動
      夜 セブヨットクラブ到着
6日目: 朝食後、下船。日本各地へ


パンフレットはこちらをご覧ください!


 ⇒  Malapascua2018.jpg


Thresher Shark 1.jpg
©Palausport


Thresher Shark 2.jpg
©Palausport


最大定員24名様となりますこのクルーズ! ぜひお早めにご検討ください! ご予約、お問い合わせお待ちしております!


★パラオ、トゥバタハ、セブのクルーズは 「パラオスポート」 にお任せ! ホームページはこちら!


    img_001_header_left.jpg


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.04.26  【中部エリアの皆様、本日もまたまた朗報です!】 フィリピン航空 中部-セブ便が増便されます!

昨日のスカイマークのご案内に引き続き、今日はフィリピン航空の中部-セブ便の増便のご案内です!


現在水・土・日曜日の週3便にて運航しておりますフィリピン航空の中部-セブ便ですが、2018年7月12日(木)より毎週木曜日を増便し、週4便での運航となることになりました! 


これまで往復直行便利用でセブに行こうとしますと
 4日間: 水・日曜日発
 5日間: 水・土曜日発
 6日間: 往復直行便ではお手配不可 
 7日間: 日曜日発
となっておりましたが、木曜日が増便されることにより、
 3日間: 木曜日発
 4日間: 水・木・日曜日発
 5日間は水・土・日曜日発
 6日間は土曜日発
 7日間は木・日曜日発
と日程のバリエーションが一気に増えます! (もちろん片道もしくは往復ともマニラ経由であれば毎日お出かけいただけます!)


ご案内の中部-セブ線を含め、ますます便利になるフィリピン航空の日本路線の一覧はこちら!


  ⇒ Revised 20180426 2018Summer Japan Time Table.jpg


セブ島周辺はご存じのとおりダイビング天国! ジンベエザメやニタリとダイビングできるエリアもセブ島周辺海域です。ダイビングのお手配もぜひお任せください!


中部-セブ線、週4便になった次は成田や関空のように週7便(毎日1便)以上になることを祈るのみ...


★セブの人気ショップ「ブルーコーラル」のホームページはこちら!


    BLUECORAL1_S.jpg


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.04.25  【中部エリアの皆様、朗報です!】 スカイマークが新路線開設! 「鹿児島-名古屋(中部)線」、「鹿児島-奄美大島線」 就航!

今日は中部エリアの皆様に朗報のご案内です!


スカイマークは、鹿児島~名古屋(中部)、鹿児島~奄美大島線を2018年8月1日(水)に開設すると発表しました!


いずれの路線も1日2便を、エコノミークラス177席を配置したボーイング373-800型機で運行します。就航に合わせてキャンペーン運賃も設定されるとのことで、決定次第発表されます。


スカイマークでは、「鹿児島と中部地方、奄美大島を結ぶアクセスをご提供することにより、お客様の利便性向上に資するとともに、新たな需要喚起を図りたい。」としております。


●ダイヤ(2018年8月1日<水>~10月27日<土>)
SKY636 鹿児島(13:10)~名古屋/中部(14:25)
SKY638 鹿児島(20:00)~名古屋/中部(21:15)
SKY635 名古屋/中部(07:50)~鹿児島(09:15)
SKY637 名古屋/中部(15:05)~鹿児島(16:25)


SKY381 鹿児島(10:25)~奄美大島(11:10)
SKY387 鹿児島(17:05)~奄美大島(17:50)
SKY382 奄美大島(11:45)~鹿児島(12:35)
SKY388 奄美大島(18:25)~鹿児島(19:15)


※上記の運航開始日等は現在計画しているもので、関係当局へ認可が前提となります。変更の可能性もございますので、予めご了承ください。


スカイマークは現在、26機の737-800で国内線の直行便18路線を運航しており、8月から1機増やし、27機体制になります。


プレスリリースは以下の通りです。


 ⇒ 180425_press.jpg


東京、大阪からはLCCで近くなった奄美大島ですが、これで中部からも鹿児島&奄美大島が一気に近くなりますね! 奄美大島に潜りに行こうかな~


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.04.24  【空きがあるのは1航海のみ!】 パラオスポート号で行く! 2018年 トゥバタハリーフクルーズのご案内!

今日は毎年大人気のトゥバタハリーフクルーズのご案内です! 


毎年なかなかお席が確保できない大人気のトゥバタハリーフクルーズですが、なんと、最終航海の「2018年6月16日(土)~6月22日(金) 6泊7日 ※セブ下船」の日程にまだ空きがございます! 


ご案内(パンフレット)はこちらです!


 → Tubbataha2018.jpg


クルーズ代金には、宿泊(2~4名部屋<各部屋にトイレ・シャワー付>)、ウエルカムドリンク、全食事(アフタヌーンスナックを含む)、24時間ドリンクサーバー、マンゴー&バナナ食べ放題、日中のダイビング(最大17~18ダイブ)が含まれます。


その他、ナイトダイビングやナイトロックスの利用はオプションでの対応となります。また、トゥバタハ海洋公園使用料(2018年度: US$100またはPHP5,000)、環境保護区税&オスロブダイブ(US$50)と燃油サーチャージが現地で必要となります。


クルーズの行程は以下の通りです。(予告なく変更になる場合があります。)
※フィリピン国内線の遅延が多いため、プエルトプリンセサに前日入りされることをお勧めいたします。
1日目: 日本各地からプエルトプリンセサ空港へ。港へ送迎後、乗船。夜、トゥバタハリーフに向けて出港
2~3日目: トゥバタハリーフ北・南環礁にて4ダイブ
4日目: トゥバタハリーフ南環礁にて4ダイブ。その後、カガヤンシリオヘ
5日目: カガヤンシリオ周辺にて3ダイブ
6日目: オスロブでのジンベエザメ1ダイブ&スミロン島周辺にて2ダイブ。その後、セブへ
7日目: 朝食後、下船。日本各地へ


クルーズの行程の詳細は、2015年6月6日~13日のトゥバタハリーフツアー報告をご参照ください。
トゥバタハリーフクルーズツアー報告 第1・2日目
トゥバタハリーフクルーズツアー報告 第3日目
トゥバタハリーフクルーズツアー報告 第4日目
トゥバタハリーフクルーズツアー報告 第5日目
トゥバタハリーフクルーズツアー報告 第6日目
トゥバタハリーフクルーズツアー報告 第7・8日目


今年度のトゥバタハリーフのもぐり納めのクルーズとなります。ぜひお早めにご検討下さい!


★パラオ、トゥバタハ、セブのクルーズは 「パラオスポート」 にお任せ! ホームページはこちら!


    img_001_header_left.jpg


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


2018.04.14-15  マクロ天国! フィリピン・アニラオ ダイビングツアー記 4-5日目

いよいよアニラオでのダイビングも最終日を迎えました... 楽しい時間って本当に早いですね。


ダイビング最終日の今日は、初日に出会うことができなかった「フェアリーフロッグフィッシュ」に会いに、初日と同様、「Secret Bay」へ向かいます。


今日はダイビング初日とはエントリー口を変え、「Secret Bay」から「Bubbles」にかけて潜ります。海底がとっても暖かいところがある不思議なポイントです。


14APR2018 (1).jpg
「コアブースターギンポ」


14APR2018 (2).jpg
「セクシーシュリンプ」ことイソギンチャクモエビ


14APR2018 (3).jpg
ついに発見! フェアリーフロッグフィッシュ!


14APR2018 (4).jpg
またまた「コアブースターギンポ」


14APR2018 (5).jpg
「カミソリウオ」。これ、葉っぱじゃなく、れっきとしたお魚です。


14APR2018 (6).jpg
「カレイ」の目にズームイン!


14APR2018 (7).jpg
「オショロミノウミウシ」系だとは思いますが... 残念ながら名前がわからず...


2本目は波の影響と前回なかなかきれいに「ピグミーシーホース」の撮影ができなかったので、リベンジで「Salana」というポイントに潜ります。それにしても新月直前ということでよく流れてます... ピグミーの撮影ポイントまで流れに押し戻されながら必死に向かいます。


14APR2018 (8).jpg
はい! へばりついて「ピグミーシーホース」撮影できました!


無事に「ピグミー」も撮影でき、流れがきつかったこともあり皆さんAIR消費が早めでしたが、満喫した午前のダイビングでした。今日もここでリゾートに戻り、いつもながらジャグジーで温まって、ランチをいただき、午後からのダイビングに備えます。


今回のラストダイブは「Koala」。ポイント名の由来は昔オーストラリア人の別荘があったところの沖に位置しているので... 今は跡形もありませんが... 水深18~30メートルのポイントで、3~14メートルはソフトとハードのコーラルが美しい。それ以深はラブルっぽい砂地です。岬の先端から沖に向かってショートウォールが延びていて、そのあたりの魚影が濃い。ホタテツノハゼに高確率で出会えるポイントとして最近有名ですが、今回は出会えず... 浅いエリアではアニラオでは珍しいハナゴイがいますよ。ビデオ撮影なら5メートル付近のサンゴと小魚の群れがお勧めだそうです。


14APR2018 (9).jpg
最後の一枚はスズメダイの卵。おそらく「ローランドダムゼル」の卵ではないかとのことです...


あっという間の3日間10ダイブ。今回はマクロ中心でしたのでそれぞれの生物にへばりついてじっくりと撮影するスタイルで、ガイドのJassonも本当にいろんな生物を紹介してくれつつ、水中でカメラの撮影講座も行ってくれ、本当に内容の濃い10ダイブになりました。


リゾートでは日本人の益田さんに本当にきめ細かくケアをしていただき、リゾートに日本人がいるという安心感とホスピタリティの高さをしっかり感じることができました。今まで多くのゲストさんを送客させていただいておりますが、これからも自信を持って送客できるなと再認識したアニラオツアーでした。アニラオにいらしたことがある方もまだの方も、ぜひ一度アニラオにお出かけください!


★今回アニラオでお世話になったリゾート&ショップ「パシフィコアズール/パシフィックブルー」のホームページはこちら!


    ⇒ PACIFICBLUE.gif


★国内・海外ダイビングツアーやダイビングの事なら PADIダイビングインストラクター常勤


 ダイビングツアー専門旅行会社 トラベルプロ・ブルーダイバーズ へ!


    ⇒ banner_blue.gif


★お問い合わせは 上記ホームページ または こちら から!  ⇒  tag_b07.gif


水谷貴政(みずたにたかまさ)

大学1年時にダイビングライセンスを取得してから、ダイビング器材を担いで日本・世界中を潜ること早1○年。
念願のPADIインストラクターにもなり、講習からダイビングツアーの企画・添乗までダイビングの事なら何でもこなします。

最近のコラム